まるにままの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS しゅっさん日記 『産まれました〜!!』

<<   作成日時 : 2011/11/11 14:27   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

おかげさまで10月31日(月)に無事、出産いたしました

予定日から遅れること1週間。
ちょうどハロウィンで、しかも世界人口が70億人に達する記念すべき日に
産まれてきたという、ミラクルな赤ちゃんです

てっきり11月産まれになるかと思いきや、ちゃんとお腹のなかでこの日を
狙って準備していたんですね。
ずいぶん待たされましたが、その分会えたときの感動もひとしおでした


ということで・・・出産から10日が過ぎ、ようやく落ち着いてきましたので
忘れてしまわないよう出産の記録を書き残しておきたいと思います
自分用に詳しく&長くなると思いますので、興味のある方はどうぞ♪

          ↓         ↓         ↓

10月29日にパパの会社のお祭り、30日には近くのハナトピアにて秋の
収穫祭という、2日連続での美味しいイベントがあり、宮城名物牛たんや
芋煮汁などお腹いっぱいいただいた、その日の夜

いつもの様に夜になってもなかなか眠気がないので夜ふかししていると、
ん?何となくお腹がもわ〜ん。
あら♪そろそろかしら…なんて期待とドキドキが入り混じったような気持ちで
いると、また何事もなくお腹がスッキリ。
う〜ん、分からん
8年も前のことなので、陣痛の始まりがどんな風だったか、思い出せない。

でも昨日おしるしがあったし、数日中には陣痛が来るかもと思っていたので
心の準備はバッチリ。
とりあえず、日付も変わって夜も2時を過ぎ、そろそろ寝ないとなぁ〜なんて
考えながら、ひとまず床に就いたわけです

夜3時頃。
うつらうつらしていると、ズキーン。
13分後、ズキーン。
15分後、ズキーン。
12分後、ズキーン。

って!陣痛来ちゃってるーしかも、いきなり定間隔。

これは間違いないでしょ。

とりあえず着替えよう、と寝ているパパと娘たちを起こさぬよう、そぉ〜っと
起きたつもりが、
「ガンガラガーンッ!!」
足で目覚まし時計を蹴飛ばしてしまい、一気にパパを起こしてしまう
パパ「ん?どうした?」
ママ「ゴメンゴメン陣痛きたみたい…」
パパ「ほんと!?」
なんて会話を交わしながら、ふたりで起きてそれぞれ準備、準備。

入院したらしばらく家を空ける事になるので、散らかっていた物を片付けたり
乾かしていた洗濯物をしまったり、腹ごしらえしたり。
そんなこんなしているうちに、痛みの間隔が10分、時には5分くらいと急に
狭まってきたので、いよいよと思い産院に連絡をしていざ出発

残してきた娘たちがちょっと心配だったけれど、
ママ「お母さん陣痛きたから、ちょっと行ってくるね。学校ちゃんと行けるね」
娘「うん、大丈夫。行ってらっしゃ〜い!」
娘「「がんばってねぇ〜!」
なんて、寝ぼけながらもちゃんと受け答えして見送ってくれたので、きっと
大丈夫。
6年生と3年生…自分たちで何とかできる年齢で本当に良かった


産院に向かう車の中でも、意外と冷静なパパと私。
「いよいよだねぇ〜」
「そうだねぇ〜11月産まれじゃなかったね(笑)」
なんて会話をしつつ、少しずつ強さを増していく痛みに、ドキドキわくわく。
今回は3人目にして初めて、この痛みを受け入れて前向きに捉えるという
心構えができていたので、痛みが来るたび
「よしよし、赤ちゃんが下がってきている…産まれようとしているんだ
と、喜びにかえて陣痛を迎えました。

午前4時半頃、産院に到着していろいろ検査してもらうと、
「うん、いい感じで進んでいますので、朝7時くらいには産まれるかなぁ」
と助産師さん。
7時!思ったより早い時間かも
先週の健診で言われた通り「陣痛きたら早そう」って言葉、本当みたい。

こうしてだんだん陣痛が強くなるのをひたすら待って、この痛みが最高潮に
達したらやっと赤ちゃんに会えるんだ
と、とにかく「痛み→赤ちゃんに会える→嬉しいこと」を頭の中でぐるぐると
イメージしながら、パパや助産師さんたちと会話しつつ過ごしました。

午前6時くらいだったかな、子宮口も7センチほど開いて、周りもだんだん
慌ただしくなってきて、いよいよって感じの雰囲気。
はぁ〜ついにこの時が来たのねっ
陣痛はかなり強くなっていて、痛みの間はもう誰とも会話できないほど
だったけれど、とにかくフ〜ッと深く深呼吸しつつ、痛みは喜び、喜び!
と、それだけをひたすら考えるようにしました。

陣痛の合間は「今頃娘たち起きて学校へ行く支度してるかな?」なんて
考えたり、うちわで扇いでくれるパパに「ありがとね〜」と感謝の気持ちを
伝える余裕もあったので、我ながら親になったし大人になったんだな、と
思います(笑)
初産の時はパパに当たり散らしたり不機嫌になってパパを困らせたので

さて、そんなこんなで陣痛がピークになった午前7時頃。
立ち会い出産じゃないパパは部屋を出て、さぁいよいよやってきました、
子宮口全開大
もう痛みは最高潮。
頭はボーッとしてきて、もう何が何だか分からないような放心状態だけれど
とにかく陣痛がきたら、いきむのみ!

陣痛来たー!んー!
また陣痛来たーー!んんーー!!
またまた陣痛来たーーー!!!んんんーーー!!!

あれ何回いきんでも、赤ちゃんが出てきません。

助産師さんたちもたくさん声を掛けてくれたけど、それに乗っていきんでも
なかなか下がってくる気配なし。

あ〜やっぱり35歳も過ぎるといきむ力が出ないのかしら・・・
それとも日頃の運動不足がたたって、いきむ力が弱いのかしら・・・
赤ちゃん、ゴメンよ〜苦しいよね〜

せっかく出ようしているのに出て来れない赤ちゃんに母の力不足を詫び、
このとき初めて、ネガティブな気持ちになる。

もう吸引してほしい…

そう思ったんだけど、助産師さんたちは私のいきむ力を信じて、とことん
付き合う態勢だったので、私も思い直して再び出せる限りの全ての力を
振り絞って、いきむいきむ

何回いきんだのかな、あるとき赤ちゃんがずーんと一気に下がる感覚が
分かり、「今だ!」と思って最後の最後に「うんがぁぁぁーーー!!!」と
自分でも笑ってしまうくらいのいきみ方でいきんだら、

ホンギェアァー!ホンギェアァー!

午前8時前、弱いながらも確かな産声とともに赤ちゃんが出てきました。
立派な男の子のシンボル付きで

結局1時間くらい、いきんでいたみたい。

はぁ〜終わった。
良かった、無事に産まれて

とにかくひと仕事終えた達成感、充実感に包まれて、何とも言えない
幸せな気持ちでした
この瞬間がいちばん好き。
だから女の人はまた懲りずに赤ちゃんが欲しい!って思うんですって

私はもうこりごり、今回で最後にしよう、と思いましたけど(笑)


いきんでもいきんでも赤ちゃんの頭が出て来なかったのは、およそ
3600グラムも体重があったから、と後で納得しました。

1週間遅れたのと、前日、前々日と美味しいものを沢山食べたので
一気に体重が増えちゃったのかしら

まぁ男の子だし、大きければ大きいほど頼もしいし、たくましい。
このまま元気に大きく育ってくれますように

こうして無事に、まるに家の仲間入りを果たした長男坊。
お姉ちゃんたちの抱っこ攻撃に遭いながら、日々たくましく成長
しています。
新生児と呼ばれる、この生後1ヶ月の間。
日に日に顔が変わり、日に日に大きくなっているのが分かるので
ずっとこのままポーッとしている、かわゆ〜い新生児のままでいて
ほしいような、でも早く大きくなって一緒にお散歩したいような…

母の幸せな悩みは尽きないものです。

まずは一日、一日を大切に、今しかないこの瞬間を大事にして、
大切に育てていきたいと思います


今回の出産に際して家族はもちろんのこと、携わってくれた方、
応援してくれた方、見守ってくれた方、すべての方々に心より
感謝いたします。

おかげさまで無事に出産することができました。
本当にありがとうございました


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
面白い
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 おめでとうございます!!!
まるにぱぱさんのブログで 先に知ってしまったのですが
さっそく忙しかったみたいですね(笑)
TV見たかったです〜!
お家の中も 賑やかになってるかな?
本当に おめでとうございます。
あべみ
2011/11/11 16:14
>あべみさん
ありがとうございます♪
産まれた初日にテレビ出演するとは、思いもよりませんでしたが
いい記念になりました
その日を境に、まるに家はすっかり赤ちゃん中心の生活ですよ〜。
赤ちゃんの泣き声と、家族の笑い声で、だいぶ賑やかです
まるにまま
2011/11/12 08:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
しゅっさん日記 『産まれました〜!!』 まるにままの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる